公開日: |更新日:

東京管財株式会社

東京管財株式会社
とはどんな会社?

東京管財株式会社は、2018年に設立された新しい会社でありながら、2020年4月から関東財務局より国有地管理処分業務における委託を受けているのが特徴です。これは不動産に関するプロフェッショナルだという証拠で、共有持分については弁護士や税理士などの専門家と連携をとり、迅速かつ的確な対応を行っています。そのため、他社で買取を断られた難しい物件でも、円滑な売却が期待できるでしょう。

東京管財株式会社の
共有持分買取の特徴

共有者間の問題をスピーディーに解決

共有持分の売却には、全共有者の同意が欠かせません。ただ、意見の違いによって話がまとまらず、先延ばしになってしまうケースも多いようです。

このような場合、当事者同士で上手に処分するのは困難だといえるでしょう。東京管財株式会社では、お客様の悩みや問題点をしっかりとヒアリングし、共有者間の売買もしくは同社での買取によってスムーズな解決を行います

管理におけるサポートも実施

共有不動産を第三者に貸している場合、賃料が公平に分配されないといった問題が発生することもあります。そもそも共有持分の不動産は、共有者の過半数が同意していれば賃貸に出すことが可能です。そのため、なかには「賃貸していることすら知らなかった」という人も現れるかもしれません。

そんな時にも、東京管財不動産は弁護士や税理士といったプロと連携し、問題を根本から解決していきます。

メールで簡単に相談ができる

「共有持分の処分に困っているものの、なかなか相談に行く時間がない」と悩んでいる人もいるでしょう。東京管財株式会社の公式ホームページには相談フォームが用意されているので、メールで共有持分の売却について相談ができます

スマホやパソコンでサクッと操作できるため、仕事や家事の合間など、気軽に連絡できるのが魅力。なお、回答は電話やメールで行っています。

まとめ

共有持分の買取から不動産仲介や賃貸仲介、不動産管理までトータルで問題解決ができるため、不動産に関する幅広い悩みに対応してもらえるのが東京管財株式会社の強みです。国有地管理処分業務も行うほど高い知識を持っており、共有者との売却に関するトラブルも素早く片付けられるでしょう。

全国対応できる
フットワークの軽い
おすすめ共有持分業者はコチラ

東京管財株式会社
の共有持分買取事例

共有持分の買取事例は、公式HPに掲載されていませんでした。

東京管財株式会社
の会社概要

会社名 東京管財株式会社
所在地 東京都文京区湯島2-31-6 湯島堀井ビル2階
免許番号 東京都知事(1)第102262号
事業内容 財務省所管普通財産業務委託取扱、不動産仲介業、借地・底地の仕入れ及び企画販売、底地の管理、賃貸仲介、不動産管理
全国の共有持分買取業者を徹底調査!
おすすめ2選

共有持分買取はスピードが鍵。
全国どこでもすぐ駆けつけてくれるフットワークの軽い会社であれば、
地元だけではなく、全国つつうらうらの様々なケースに対応してきているので、
あなたのケースにもきっと対応できるはず!

ワケガイ
ワケガイ

画像引用元:ワケガイ公式HP(https://wakegai.jp/)

買取最小金額実績
390万円
一括支払い可能額
最大
3億円
現金化スピード
最短即日
ハウスドゥ名駅店

画像引用元:ハウスドゥ名駅店公式HP(https://housedo-meieki.com/kyouyu-mochibun/)

買取最小金額実績
600万円
一括支払い可能額
2億円
現金化スピード
最短2日

選定基準:
2023年8月4日時点、「共有持分 買取 業者」「共有持分 買取 会社」でGoogle検索をした際に公式HPが表示された上位49社を調査。
その中から、「全国対応可」と公式HPに記載があり、かつ
1,000万円以下の少額の物件の買取実績があり、1億円以上の高額物件も買取が可能な2社をピックアップ。